それに対して眉をひそめる人もいませんでした。電車の中ではそのように過ごすものだと思っていました。ふと東京の人達は周囲が見えていないのではないかと思いました。他人に関心がないのではないか。