一人では手が足りぬので彼は自分の息子のお弁当に佐伯の当番させたいが。と私の父に申し出た。父はそれを許した。私も嬉しかったというのは兼ねてるんでという名は耳にしていた。同じ年頃なことまた閏月の生まれで5行の土が欠けている。